年末、年始の営業について


12/28(金)まで通常営業(平日 9:00~18:00、土曜 9:00~15:00)

12/29(土)~1/3(木) 休み

1/4(金)より通常営業(平日 9:00~18:00、土曜 9:00~15:00)

 

上記の休業期間中も、メールによるお問い合わせは

受け付けておりますが、ご返答につきましては、

1/4(金)以降に順次、ご返信させていただきますので、

ご了承の程、よろしくお願い致します。

ハッセルブラッド 500シリーズの検査


① チャージ、オーバーチャージ時のキーポジションの位置

チャージ時

001

 

 

 

 

 

オーバーチャージ時

002

 

 

 

 

測定器具で測定

003

 

 

 

 

 

 

 

チャージ時 8~9度、オーバーチャージ時 15~16度

キーポジションがズレていると、レンズ装着時、

チャージできない、シャッターがきれない等の不具合が起きる事があります

 

② フランジバック

マウントの傾きなどを検査

004

 

 

 

 

 

 

 

 

 

005

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガタ付きがあり、ピントに影響する部分の為、

調整が必要

 

③ ミラー角度の測定

006

 

 

 

 

 

 

 

 

④ スクリーンの平面測定

007

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

008

 

 

 

 

 

 

 

 

拡大した状態

(スクリーンにピントズレがあり、高さ調整が必要)

009

 

 

 

 

 

 

これらの検査項目は、外観からは判別ができませんので、

一見問題無いと思われる状態でも、精度にズレが出ている事がありますので、

ご愛用機の状態をお知りになりたい方は、検査自体は、10分程度でできますので、

是非、検査にお持ち込み又はご郵送ください

 

夏期休業についてのお知らせ


8/10(金)まで通常営業(9:00~18:00)

8/11、12(土、日) 祝日、休み

8/13~15(月~水) 半日営業(9:00~15:00)

8/16(木)より通常営業(9:00~18:00)

 

上記期間中のメールによるお問い合わせのご回答につきまして、

通常よりもお時間をいただく場合がございますので、

ご了承の程、よろしくお願い致します。

大切なお知らせ 事務所移転先、移転日について


皆様には、平素より大変お世話になっております。

 

当ブログにて、ご報告させていただいておりました

事務所移転につきまして、移転先、移転日が

決まりましたので、お知らせさせていただきます。

 

移転先住所

〒 113-0024

東京都文京区西片1-17-4

ハイツ西片 604号室

 

電話番号・FAX番号 03-3814-1934

IP電話番号 050-3652-7639

(電話番号・FAX番号、IP電話番号は、

これまでの電話番号から変更はありません)

 

移転開始日 2018年 6月 22日(金曜日)

営業開始日 2018年 6月 25日(月曜日)

 

6月22日(金曜日)から6月25日(月曜日)の期間、

一時的にお電話がつながりにくくなる可能性があります

 

尚、移転作業に伴う修理品管理の問題から、

修理品のお預かり、お引き取りをご郵送を含めて、

6月21日(木曜日)から6月26日(火曜日)まで

お控えさせていただきますので、

お客様には、ご不便、ご迷惑をお掛け致しますが、

何卒、ご理解、ご了承の程、よろしくお願い致します。

 

事務所移転につきまして、

ご不明な点等がございましたら、

大変お手数ですが、

お電話等でお問い合わせお願い致します。

 

今後も、皆様へのご連絡事項については、

当ブログ、ホームページにて、

ご連絡させていただきますので、

ご確認いただければ幸いです。

大切なお知らせ 事務所移転について


平素より皆様には大変お世話になっております。

 

急なご報告となってしまいましたが、

当事務所の入居建物が建て替えの為に、

事務所を移転させていただく事となりました。

 

移転先住所については、当ホームページにて、

6月以降にお知らせさせていただく予定ですので、

大変お手数ですが、ご確認の程、

よろしくお願い致します。

 

お客様の皆様には、大変ご迷惑をお掛け致しますが、

何卒ご理解、ご了承の程、よろしくお願い致します。

純正測定器具の紹介(ローライフレックス)


今回は、ローライフレックスの純正測定器具を紹介します。

 

平行測定

本体を固定している部分が純正測定器具で、

マイクロメーターは他社製です。

6

 

 

 

 

 

 

 

 

8

 

 

 

 

 

 

 

 

9

 

 

 

 

 

 

 

 

レール面の4点を測定し、平行の調整を行います。

 

 

オートマット機構の確認

測定器具の1枚目をローラーに通した時点では、

内部のツメは外れない

1

 

 

 

 

 

 

 

 

2.1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

測定器具の2枚目をローラーに通した時点で、

内部のツメが外れる事により、オートマット機構が機能します。

3

 

 

 

 

 

 

 

 

4.1

 

 

 

 

 

 

純正測定器具の紹介(ハッセルブラッド)


今回は、ハッセルブラッドの純正測定器具を紹介します。

 

キーポジション(ボディーとレンズの連結部分)の測定(レンズ装着時、8~9度)

6.2

 

 

 

 

 

 

 

 

キーポジションの測定(オーバーチャージ時、15~16度)

7.1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

深度測定

1.1

 

 

 

 

 

 

 

 

2.1

 

 

 

 

 

 

 

4か所の深度を測定し、平行・平面調整

 

 

ミラー角度の測定

3.1

 

 

 

 

 

 

 

 

4.1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スクリーンの平行とピントの測定

8.1

 

 

 

 

 

 

 

 

9.1

 

 

 

 

 

 

 

スクリーンの4か所を測定し、平行・平面調整

 

ピント位置の測定(電源は自作、ルーペは他社製)

11.1

 

 

 

 

 

 

 

 

12.1

 

 

 

 

 

 

 

 

次回は、ローライフレックスの純正測定器具を紹介します。

純正測定器具の紹介(ライカ)


測定に使用している純正測定器具を紹介します。

今回は、ライカ純正測定器具です。

ライカ フランジバック測定(ボディー深度)

0.1

 

 

 

 

 

 

 

ライカの基準値の範囲は、プラス 0.5/100 mm~ マイナス 1.5/100 mmになりますので、

上記の写真の場合、マイナス 2/100 mmの為、調整が必要になります。

 

測定器が正確かどうかも純正測定器具で測定しています。

1.2.1

 

 

 

 

 

 

 

 

ライカ フランジバック測定(平行測定)

3.1

 

 

 

 

 

 

 

フィルム面とマウントの平行を確認

 

次回は、ハッセルブラッドの純正測定器具を紹介します。

 

ニッポン手仕事図鑑で紹介されました


日本の文化や技術を紹介しています「ニッポン手仕事図鑑」で、

ウメハラカメラサービスが紹介されました。

代表の梅原が、ハッセルブラッド 500C/Mを修理している

動画が公開されています。

http://nippon-teshigoto.jp/

他にも様々な職人の動画が公開されていますので、

ぜひご覧ください。

 

ライカ M6 部分修理 2


M6 7

 

 

 

 

 

 

 

フレーム切替不良の原因は、フレーム部分にグリスがついていることにより

フレーム部分がくっついて動きが悪くなった為なので、清掃が必要です。

M6 8

 

 

 

 

 

 

 

巻上ブロックに問題はありませんが、ブログ用に分解

 

今回、シャッターレリーズボタン半押し時に露出計が点灯しなかった原因は

半押し時にスイッチが接触していなかった為だったので、

スイッチ接触位置の調整

 

M6 11

 

 

 

 

 

 

 

M6 12

 

 

 

 

 

 

 

フランジバック調整、露出計調整などを確認後、

上カバーを組み直してから革をはり直し

再度調整・確認して修理完了

HOME | 修理対象カメラ・レンズ | 修理内容の説明・注意事項 | お見積から返却・お支払まで | アクセス | 修理料金 | ブログ | よくあるご質問・お問い合わせ