純正測定器具の紹介(ローライフレックス)


今回は、ローライフレックスの純正測定器具を紹介します。

 

平行測定

本体を固定している部分が純正測定器具で、

マイクロメーターは他社製です。

6

 

 

 

 

 

 

 

 

8

 

 

 

 

 

 

 

 

9

 

 

 

 

 

 

 

 

レール面の4点を測定し、平行の調整を行います。

 

 

オートマット機構の確認

測定器具の1枚目をローラーに通した時点では、

内部のツメは外れない

1

 

 

 

 

 

 

 

 

2.1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

測定器具の2枚目をローラーに通した時点で、

内部のツメが外れる事により、オートマット機構が機能します。

3

 

 

 

 

 

 

 

 

4.1

 

 

 

 

 

 

純正測定器具の紹介(ハッセルブラッド)


今回は、ハッセルブラッドの純正測定器具を紹介します。

 

キーポイント(ボディーとレンズの連結部分)の測定(レンズ装着時、8~9度)

6.2

 

 

 

 

 

 

 

 

キーポイントの測定(オーバーチャージ時、15~16度)

7.1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

深度測定

1.1

 

 

 

 

 

 

 

 

2.1

 

 

 

 

 

 

 

4か所の深度を測定し、平行・平面調整

 

 

ミラー角度の測定

3.1

 

 

 

 

 

 

 

 

4.1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スクリーンの平行とピントの測定

8.1

 

 

 

 

 

 

 

 

9.1

 

 

 

 

 

 

 

スクリーンの4か所を測定し、平行・平面調整

 

ピント位置の測定(電源は自作、ルーペは他社製)

11.1

 

 

 

 

 

 

 

 

12.1

 

 

 

 

 

 

 

 

次回は、ローライフレックスの純正測定器具を紹介します。

純正測定器具の紹介(ライカ)


測定に使用している純正測定器具を紹介します。

今回は、ライカ純正測定器具です。

ライカ フランジバック測定(ボディー深度)

0.1

 

 

 

 

 

 

 

ライカの基準値の範囲は、プラス 0.5/100 mm~ マイナス 1.5/100 mmになりますので、

上記の写真の場合、マイナス 2/100 mmの為、調整が必要になります。

 

測定器が正確かどうかも純正測定器具で測定しています。

1.2.1

 

 

 

 

 

 

 

 

ライカ フランジバック測定(平行測定)

3.1

 

 

 

 

 

 

 

フィルム面とマウントの平行を確認

 

次回は、ハッセルブラッドの純正測定器具を紹介します。

 

ライカ M6 部分修理 2


M6 7

 

 

 

 

 

 

 

フレーム切替不良の原因は、フレーム部分にグリスがついていることにより

フレーム部分がくっついて動きが悪くなった為なので、清掃が必要です。

M6 8

 

 

 

 

 

 

 

巻上ブロックに問題はありませんが、ブログ用に分解

 

今回、シャッターレリーズボタン半押し時に露出計が点灯しなかった原因は

半押し時にスイッチが接触していなかった為だったので、

スイッチ接触位置の調整

 

M6 11

 

 

 

 

 

 

 

M6 12

 

 

 

 

 

 

 

フランジバック調整、露出計調整などを確認後、

上カバーを組み直してから革をはり直し

再度調整・確認して修理完了

ライカ M6 部分修理 1


フレーム切替不良、露出計シャッターレリーズボタン半押しで点灯しない

(シャッターが切れる直前に点灯)等の不具合があり、修理が必要です。

修理前に点検

M6 1

 

 

 

 

 

 

 

M6 2

 

 

 

 

 

 

 

露出計確認

 

M6 3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャッタースピードはほぼ正常

 

M6 4

 

 

 

 

 

 

 

M6 5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フランジバック確認

(若干プラスなので、作業時に調整)

 

M6 6

 

 

 

 

 

 

 

距離計、パララックス確認

その他に巻上・巻き戻しの感触やファインダーのクモリ、カビなどを

点検後、分解

ハッセル 500C/M オーバーホール 5


020-1

 

 

 

 

 

 

 

シャッターレリーズの検査・調整

 

021

 

 

 

 

 

 

 

フロントキーの位置調整

負荷をかけ8~9° オーバーチャージは15~16°

オーバーチャージが大きすぎるとギヤを欠く事があります。

 

022

 

 

 

 

 

 

 

フランジバックを1/100mm以内に調整

調整後、ネジが緩まないようにラッカー止めします。

023

 

 

 

 

 

 

 

カバーを組んでから微調整

 

024

 

 

 

 

 

 

 

ミラー角の再調整

 

025

 

 

 

 

 

 

 

ピントグラスの平面を調整

026

 

 

 

 

 

 

 

ピント位置の調整

 

027

 

 

 

 

 

 

 

028

 

 

 

 

 

 

 

 

組み立て後、再度検査・確認して完成

 

ハッセル 500C/M オーバーホール 4


016

 

 

 

 

 

 

 

フロント部分の劣化したモルトプレーンを交換します。

 

017

 

 

 

 

 

 

 

ピント枠裏のモルトプレーン交換

 

018

 

 

 

 

 

 

 

019

 

 

 

 

 

 

 

フロント、バックシャッター組み立て

020

 

 

 

 

 

 

 

シャッターレリーズ部分組み立て

ハッセル 500C/M オーバーホール 3


 

011

 

 

 

 

 

 

 

ミラーの下にもモルトプレーンが入っています。
劣化するとミラーが動き、ピント位置がズレます。

 

012

 

 

 

 

 

 

 

巻上部分のギヤブロック

013

 

 

 

 

 

 

 

グリスが劣化するとバックシャッターの動きが悪くなります。

 

014

 

 

 

 

 

 

 

 

015

 

 

 

 

 

 

 

洗浄後、グリスを追加して、組み立て

 

 

 

 

ハッセル 500C/M オーバーホール 2


検査後、分解

5

 

 

 

 

 

 

 

6

 

 

 

 

 

 

 

7

 

 

 

 

 

 

 

カバーをはずした状態

8

 

 

 

 

 

 

 

モルトプレーンが劣化しているので、組む時に交換します。

9

 

 

 

 

 

 

 

フロントのギヤボックス

10

 

 

 

 

 

 

 

この部分のグリスが劣化するとフロントギヤが粘ります。

010-1

 

 

 

 

 

 

 

高周波洗浄器で洗浄後、グリスアップします。

ハッセル 500C/M オーバーホール 1


ハッセル 500C/M のオーバーホールの状況を

数回に分けて紹介していきます。

分解前にフランジバック、ミラー角等の検査をします。

1

 

 

 

 

 

 

 

フランジバックが+8/100~5/100 mmズレています。

2

 

 

 

 

 

 

 

ミラー角は正常でした。

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

ピントグラスの平面も検査全体で0.1mmのズレがありました。
平面調整・ピント位置はオーバーホール時に調整します。

 

 

HOME | 修理対象カメラ・レンズ | 修理内容の説明・注意事項 | お見積から返却・お支払まで | アクセス | 修理料金 | ブログよくあるご質問・お問い合わせ