ローライフレックス 分解


ローライフレックス オーバーホールの為、分解

シャッター分解

1

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

繰り出し側分解

4

 

 

 

 

 

 

 

5

 

 

 

 

 

 

 

6

 

 

 

 

 

 

 

巻き上げ側分解

7

 

 

 

 

 

 

 

8

 

 

 

 

 

 

 

9

 

ライカ 部品洗浄


部品の洗浄前

leica 1

 

 

 

 

 

 

 

部品の洗浄後

leica 2

 

 

 

 

 

 

 

洗浄前後の洗浄液

leica 3leica 4

 

M6 フレーム切替調整


M6 フレーム切替不良

M6 1

 

 

 

 

 

 

 

フレーム部分にグリスがついている為、フレーム部分が

くっついてしまい、動きが悪くなる

M6 2

 

 

 

 

 

 

 

M4、M6でフレーム切替が不良の場合、フレーム部分に

グリスがついていることが多いので、清掃が必要になります

M4 オーバーホール 2


巻き上げブロックの分解

M4 5

 

 

 

 

 

 

 

巻上げブロック組み直し、幕交換

M4 6

 

 

 

 

 

 

 

深度調整後、ファインダーブロック組み直し

M4 8

 

 

 

 

 

 

 

ファインダー清掃、距離計調整などの後、上カバーを入れる

M4 10

 

 

 

 

 

 

 

裏蓋のプロテクターを取り付けて、シャッタースピード・距離計などを

再度確認して完了

M4 オーバーホール 1


M4 オーバーホール

M4 1

 

 

 

 

 

 

 

ブレーキブロックの分解

一部部品が破損の為、交換

M4 2

 

 

 

 

 

 

 

小ローラーの分解後、グリス入れ替えながら組み直し

M4 3

 

 

 

 

 

 

 

M4 4

 

 

 

 

 

 

 

続きは後日、更新します

ローライフレックス2.8F


シャッターオーバーホールの為、シャッター分解

ローライ1

部品を洗浄後、グリスを入れ替えながら、組み直し

ローライ2

ローライ3

ローライ4

 

 

 

 

ライカ M4の分解


シャッター幕の破損によりオーバーホール、幕交換が必要な為、分解

一部分解途中の部分がありますが、オーバーホール時にはここまで分解します。M4

ここから部品を洗浄し、グリスを入れながら組み直していきます。

 

 

 

HOME | 修理対象カメラ・レンズ | 修理内容の説明・注意事項 | お見積から返却・お支払まで | アクセス | 修理料金 | ブログ | よくあるご質問・お問い合わせ