ハッセルブラッド 500シリーズの検査


① チャージ、オーバーチャージ時のキーポジションの位置

チャージ時

001

 

 

 

 

 

オーバーチャージ時

002

 

 

 

 

測定器具で測定

003

 

 

 

 

 

 

 

チャージ時 8~9度、オーバーチャージ時 15~16度

キーポジションがズレていると、レンズ装着時、

チャージできない、シャッターがきれない等の不具合が起きる事があります

 

② フランジバック

マウントの傾きなどを検査

004

 

 

 

 

 

 

 

 

 

005

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガタ付きがあり、ピントに影響する部分の為、

調整が必要

 

③ ミラー角度の測定

006

 

 

 

 

 

 

 

 

④ スクリーンの平面測定

007

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

008

 

 

 

 

 

 

 

 

拡大した状態

(スクリーンにピントズレがあり、高さ調整が必要)

009

 

 

 

 

 

 

これらの検査項目は、外観からは判別ができませんので、

一見問題無いと思われる状態でも、精度にズレが出ている事がありますので、

ご愛用機の状態をお知りになりたい方は、検査自体は、10分程度でできますので、

是非、検査にお持ち込み又はご郵送ください

 

HOME | 修理対象カメラ・レンズ | 修理内容の説明・注意事項 | お見積から返却・お支払まで | アクセス | 修理料金 | ブログ | よくあるご質問・お問い合わせ