ニッポン手仕事図鑑で紹介されました


日本の文化や技術を紹介しています「ニッポン手仕事図鑑」で、

ウメハラカメラサービスが紹介されました。

代表の梅原が、ハッセルブラッド 500C/Mを修理している

動画が公開されています。

http://nippon-teshigoto.jp/

他にも様々な職人の動画が公開されていますので、

ぜひご覧ください。

 

移転先決定のお知らせ


昨年は皆様の変わらないご支援に支えられましたが、

今後もこれまでと同様にカメラ修理業に務めさせていただきますので、

本年もよろしくお願い致します。

 

以前からお知らせさせていただいていた事務所の移転先が決定致しましたが、

移転先は約2年半の仮移転となり、2年半後、新たに正式な事務所に移転する運びと

なりました事をご報告させていただきます。

 

移転先住所 〒112-0002 東京都文京区小石川2-5-7 佐佐木ビルA棟 3階

電話番号・FAX番号 03-3814-1934

IP電話番号 050-3652-7639

(電話番号・FAX番号はこれまでの番号から変更はありません)

移転開始日 平成28年1月23日(土曜日)

営業開始日 平成28年1月25日(土曜日)

(1月23日から1月25日の間、一時的にお電話がつながりにくくなる可能性があります)

 

尚、移転作業に伴う修理品管理の問題から、修理品のお預かり、お引き取りをご郵送を含めて、

1月21日(木曜日)から1月27日(水曜日)まで控えさせていただく事になりましたので、

お客様にはご理解、ご協力の程、よろしくお願い致します。

 

お客様には個別にお電話、おハガキ、メール等で事務所移転の

お知らせをさせていただきますが、ご不明な点等がございましたら、

大変お手数ですが、お電話等でお問い合わせをお願い致します。

 

急な移転である為、お客様には大変ご不便、ご迷惑を

お掛けする事になりますが、ご了承の程、何卒よろしくお願い致します。

 

今後も皆様にご説明が必要な場合は、当ブログ、ホームページで

ご連絡させていただきますので、ご確認いただければ幸いです。

 

ライカ M6 部分修理 2


M6 7

 

 

 

 

 

 

 

フレーム切替不良の原因は、フレーム部分にグリスがついていることにより

フレーム部分がくっついて動きが悪くなった為なので、清掃が必要です。

M6 8

 

 

 

 

 

 

 

巻上ブロックに問題はありませんが、ブログ用に分解

 

今回、シャッターレリーズボタン半押し時に露出計が点灯しなかった原因は

半押し時にスイッチが接触していなかった為だったので、

スイッチ接触位置の調整

 

M6 11

 

 

 

 

 

 

 

M6 12

 

 

 

 

 

 

 

フランジバック調整、露出計調整などを確認後、

上カバーを組み直してから革をはり直し

再度調整・確認して修理完了

ライカ M6 部分修理 1


フレーム切替不良、露出計シャッターレリーズボタン半押しで点灯しない

(シャッターが切れる直前に点灯)等の不具合があり、修理が必要です。

修理前に点検

M6 1

 

 

 

 

 

 

 

M6 2

 

 

 

 

 

 

 

露出計確認

 

M6 3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャッタースピードはほぼ正常

 

M6 4

 

 

 

 

 

 

 

M6 5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フランジバック確認

(若干プラスなので、作業時に調整)

 

M6 6

 

 

 

 

 

 

 

距離計、パララックス確認

その他に巻上・巻き戻しの感触やファインダーのクモリ、カビなどを

点検後、分解

ハッセル 500C/M オーバーホール 5


020-1

 

 

 

 

 

 

 

シャッターレリーズの検査・調整

 

021

 

 

 

 

 

 

 

フロントキーの位置調整

負荷をかけ8~9° オーバーチャージは15~16°

オーバーチャージが大きすぎるとギヤを欠く事があります。

 

022

 

 

 

 

 

 

 

フランジバックを1/100mm以内に調整

調整後、ネジが緩まないようにラッカー止めします。

023

 

 

 

 

 

 

 

カバーを組んでから微調整

 

024

 

 

 

 

 

 

 

ミラー角の再調整

 

025

 

 

 

 

 

 

 

ピントグラスの平面を調整

026

 

 

 

 

 

 

 

ピント位置の調整

 

027

 

 

 

 

 

 

 

028

 

 

 

 

 

 

 

 

組み立て後、再度検査・確認して完成

 

ハッセル 500C/M オーバーホール 4


016

 

 

 

 

 

 

 

フロント部分の劣化したモルトプレーンを交換します。

 

017

 

 

 

 

 

 

 

ピント枠裏のモルトプレーン交換

 

018

 

 

 

 

 

 

 

019

 

 

 

 

 

 

 

フロント、バックシャッター組み立て

020

 

 

 

 

 

 

 

シャッターレリーズ部分組み立て

ハッセル 500C/M オーバーホール 3


 

011

 

 

 

 

 

 

 

ミラーの下にもモルトプレーンが入っています。
劣化するとミラーが動き、ピント位置がズレます。

 

012

 

 

 

 

 

 

 

巻上部分のギヤブロック

013

 

 

 

 

 

 

 

グリスが劣化するとバックシャッターの動きが悪くなります。

 

014

 

 

 

 

 

 

 

 

015

 

 

 

 

 

 

 

洗浄後、グリスを追加して、組み立て

 

 

 

 

ハッセル 500C/M オーバーホール 2


検査後、分解

5

 

 

 

 

 

 

 

6

 

 

 

 

 

 

 

7

 

 

 

 

 

 

 

カバーをはずした状態

8

 

 

 

 

 

 

 

モルトプレーンが劣化しているので、組む時に交換します。

9

 

 

 

 

 

 

 

フロントのギヤボックス

10

 

 

 

 

 

 

 

この部分のグリスが劣化するとフロントギヤが粘ります。

010-1

 

 

 

 

 

 

 

高周波洗浄器で洗浄後、グリスアップします。

ハッセル 500C/M オーバーホール 1


ハッセル 500C/M のオーバーホールの状況を

数回に分けて紹介していきます。

分解前にフランジバック、ミラー角等の検査をします。

1

 

 

 

 

 

 

 

フランジバックが+8/100~5/100 mmズレています。

2

 

 

 

 

 

 

 

ミラー角は正常でした。

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

ピントグラスの平面も検査全体で0.1mmのズレがありました。
平面調整・ピント位置はオーバーホール時に調整します。

 

 

ローライフレックス 分解


ローライフレックス オーバーホールの為、分解

シャッター分解

1

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

繰り出し側分解

4

 

 

 

 

 

 

 

5

 

 

 

 

 

 

 

6

 

 

 

 

 

 

 

巻き上げ側分解

7

 

 

 

 

 

 

 

8

 

 

 

 

 

 

 

9

 

HOME | 修理対象カメラ・レンズ | 修理内容の説明・注意事項 | お見積から返却・お支払まで | アクセス | 修理料金 | ブログ | よくあるご質問・お問い合わせ